まちなかパフォーマンスシリーズ
都市やその郊外のさまざまな場所で、それぞれに異なるスタイルを持ったアート、パフォーマンスを展開するシリーズ。「劇場」から出た作品たちは、上演地の歴史や文化、既存のコミュニティにじかに触れつつ、観客、参加者との柔軟であたらしい関係を紡ぎ出す--。
中野成樹+フランケンズ『半七半八(はんしちきどり)』 
作・演出:中野成樹 ドラマトゥルク:長島 確  原案:岡本綺堂『半七捕物帳』より
10月6日(金)~10月9日(月・祝)

会場PARADISE AIR、FANCLUB(受付)ほか
日程10/6 (金) 15:00
10/7 (土) 11:00/15:00
10/8 (日) 11:00/15:00
10/9 (月) 11:00/15:00
上演時間上演時間150分(予定)
言語日本語上演
一般発売自由席(整理番号つき) 一般前売3,500円/ 当日4,000 円、学生2,300円ほかセット券あり
先行割引¥2,500
5演目セット ¥2,800
3演目セット¥3,000
学生 ※当日券共通。当日受付で要学生証提¥2,300
高校生以下
※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示
¥1,000
Photo: Yusuke Abico

※受付開始は開演の1時間前、開場は開演30分前
※野外上演を含む。
※受付をFANCLUBで済ませた後、他の複数の会場を巡るツアー形式になります。
※雨天決行、荒天中止。中止の場合にはF/T公式HPにて発表いたします。
※観客席に屋根がない場合があります。雨天の場合はレインコートなどをご用意ください。
※車椅子でご来場のお客様は、チケット購入前に必ずF/Tチケットセンターへご連絡ください。

あの親分と歩く、江戸でも東京でもない町・松戸

 古今東西の名戯曲を現代の日常に移植する「誤意訳」上演で知られる、中野成樹+フランケンズが4年ぶりにフェスティバル/トーキョーに登場する。江戸の情趣を豊かに盛り込む時代小説『半七捕物帳』をベースにした新作の舞台は、東京と川一つを隔てた千葉県の松戸。観客は、とある事件をめぐる謎を追い、市内のいくつかの場所を巡っていく。鍵を握るのは、江戸の親分・半七と、彼に憧れる松戸の男・半八。ある日、その名の通りなんでもスッキリ割り切る半八(8/2)のもとを、割り切れぬ顔の半七(7/2)が江戸から訪れて─。

フォトギャラリー

アーティスト

中野成樹+フランケンズ

2003年結成。通称ナカフラ。時代・文化風習等が現代日本と大きく異なる、いわゆる「翻訳劇」をとりあげ、「いまの自分たちの価値観と身体」で理解し体現する。大胆なアレンジに応援もいただくが、原作ファン、および伝統に与する演劇ファンからのお叱りも多い。2010年より外の刺激+フランケンズ(通称:ソトフラ)名義で、劇場外にて応用演劇活動も展開中。
http://frankens.net/


中野成樹

舞台演出家、中野成樹+フランケンズ主宰

1973年東京生まれ。日本大学芸術学部演劇学科専任講師。近作に『えんげきは今日もドラマをライブするvol.1』(2016)など。としまアート夏まつり「おばけ教室」(13-16)、文化庁「日中韓文化芸術教育フォーラム」WS講師(14)など、近年は教育、地域活動にも視野を広げている。F/Tへの参加は『四谷雑談集』+『四家の怪談』(13)がある。

キャスト・スタッフ

作・演出中野成樹
ドラマトゥルク長島確
原案岡本綺堂「半七捕物帳」より
出演竹田英司、田中佑弥、鈴鹿通儀、福田毅、洪雄大、小泉まき、斎藤淳子、北川麗、佐々木愛/道廣オリヴィエ一真、新藤みなみ/スズキシロー(A.C.O.A)
制作東彩織、水渕歩知、松宮俊文(フェスティバル/トーキョー)
制作アシスタント柿木初美
主催PARADISE AIR、フェスティバル/トーキョー
協力株式会社浜友商事、株式会社まちづクリエイティブ
  
文化庁 平成29年度 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業(PARADISE AIR事業)
松戸市 文化の香りのする街構築事業(PARADISE AIR事業)

関連ニュース