『パレスチナ、イヤーゼロ』
作・演出:イナト・ヴァイツマン
10月27日(金)~10月29日(日)
会場あうるすぽっと
日程10/27 (金) 19:30 ☆
10/28 (土) 19:30 ☆
10/29 (日) 14:00 ☆★

☆=プレ・パフォーマンストークあり。
★=終演後、ポストパフォーマンストークあり。公演チケットをお持ちの方は、日時を問わず入場可。
上演時間60分
言語アラビア語(一部ヘブライ語)上演/日本語字幕
一般前売一般前売(全席指定)4,000円/当日4,500円 学生2,600円ほかセット券あり
先行割引¥2,800
5演目セット ¥3,200
3演目セット¥3,400
学生 ※当日券共通。当日受付で要学生証提¥2,600
高校生以下
※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示
¥1,000

破壊されているのは何か。一面の瓦礫が語りだす、パレスチナの現在地

イスラエルで活躍する女優で人権活動家でもあるイナト・ヴァイツマンの作・演出、『羅生門|藪の中』(F/T14)でも来日したパレスチナの劇団、アルカサバ・シアターの主宰ジョージ・イブラヒムの主演で、昨年初演された話題作が、早くも東京に上陸する。
 舞台は、イスラエル当局に破壊された家屋を調査するパレスチナ人鑑定士の事務所。事例ごとに並べられたファイルが、一つひとつ、ひっくり返されていく。被害時の状況や調査でのやりとり……俳優たちが入れ替わり立ち替わり、時にはユーモアさえ交えて再現するのは、どれも実際に起こった出来事だ。数々の破壊行為の惨状は、本国(アッコ演劇祭)での初演時にも大きな反響を巻き起こし、台本をめぐる文化省の事前検閲との攻防も話題を呼んだ。
 劇が進行するにつれ、舞台面に広がり、積み重なっていく資料=瓦礫の山。かつて考古学を志した鑑定士の目に映る荒廃に、私たちはどんな暮らしや文化の痕跡、歴史を見出すだろうか。

あらすじ

不動産鑑定士が、破壊・損傷されたパレスチナ人住居の被害調査に乗り出す。エルサレムからジェニン、アラーキーブ、ガザの家々を訪れ、被害のありさまを報告書に纏め上げる。取り壊しの理由やその方法は場所によってそれぞれ異なる。下、上、横からと建物はあらゆる方向から壊わされていく。砕け落ち、封鎖され、爆撃の爪痕や亀裂が残る建物。被害調査報告を纏める過程で鑑定士はパレスチナの現実に遭遇する。彼は、被害状況を記録する中で現代の「考古学者」となり、パレスチナの歴史を書き綴る。

アーティスト・プロフィール

イナト・ヴァイツマン

女優、劇作家、演出家、人権活動家

1973年ハイファ生まれ。アメリカやイギリスなどで演技を学んだ後、テルアビブ大学で映像や政治学も専攻。映画、TV、演劇の主演俳優として名を馳せる一方、過去には政治・社会に関わるコラムニストとしても活動した。近年は演出・劇作家として、イスラエルの占領政策を批判するラディカルな作品を制作する。主な作・演出作品に『Shame』(2015)、『The 112 house: A Lesson in Political Construction』(17)。


ジョージ・イブラヒム

俳優、アルカサバ・シアター&シネマテーク創設者、ディレクター

1945年生まれ。俳優としてのキャリアを積み、ヘブライ大学で演劇を学んだ後、劇作家、演出家としても活躍。代表作に『Ramzi Abu Al Majd』(95・カルタゴ国際演劇祭ベスト俳優賞)、『Immigrant』(99・カルタゴ国際演劇祭ベスト演出家賞及びベスト衣裳賞)など。本作でもアッコ演劇祭ベストパフォーマー賞を受賞している。『アライブ・フロム・パレスチナ‐占領下の物語‐』(2004・11)、『壁-占領下の物語Ⅱ』(05)のほか、演出家・坂田ゆかりら日本のアーティストと共同制作した『羅生門|藪の中』(F/T14)でも来日している。


プレ・パフォーマンストーク

※劇場ロビーにて ※開催日のチケットをお持ちの方のみ入場可。

10/27(金)18:40-19:10
ゲスト:土井敏邦(フリージャーナリスト)

10/28 (土) 18:40-19:10、10/29 (日) 13:10-13:40
ゲスト:岡 真理(現代アラブ文学研究者、京都大学大学院人間・環境学研究科教授)

ポスト・パフォーマンストーク

10/29 (日) 終演後
ゲスト:イナト・ヴァイツマン、ジョージ・イブラヒム、司会:岡 真理 (現代アラブ文学研究者、京都大学大学院人間・環境学研究科教授)

土井敏邦
フリージャーナリスト

1953年、佐賀県生まれ。1985年よりパレスチナ・イスラエルの現地を取材。2009年、『届かぬ声―パレスチナ・占領と生きる人びと』全4部作を完成。その第4部『沈黙を破る』で早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。2015年7月に『ガザ攻撃 2014年夏』、12月に『ガザに生きる』(全5部作)映画DVDを完成。主な著書に『アメリカのユダヤ人』(岩波新書・1991年)『沈黙を破る』(岩波書店・2008年)など多数。


岡 真理
現代アラブ文学研究者、京都大学大学院人間・環境学研究科教授

1960年、東京生まれ。現代アラブ文学研究者。東京外国語大学アラビア語科でアラビア語とアラブ文学を学ぶ。在学中に、パレスチナ人作家ガッサーン・カナファーニーの作品を読み、「パレスチナ問題」に出会い、以来、パレスチナに関わり続ける。パレスチナ難民をはじめ、種々の構造のなかでサバルタン化される者たちの生きられた経験を描いた文学作品を通して、パレスチナ問題や第三世界の女性たちの問題を現代世界に生きる人間の思想的課題として考察する。著書に『アラブ祈りとしての文学』(みすず書房、2008年)、『棗椰子の木陰で 第三世界フェミニズムと文学の力』(青土社、2006年)ほか。近年は学生・市民有志による朗読集団「国境なき朗読者」を主宰、朗読劇「The Message from Gaza ~ガザ希望のメッセージ~」の脚本、演出を担当、「文学」の力と「肉声」がはらみもつ可能性を実践的に追究。

   

映像上映

<ドキュメンタリー>
『侵蝕―イスラエル化されるパレスチナ―』(2009年/121分)
(『届かぬ声―パレスチナ・占領と生きる人々』第2部)

家屋を破壊され居住権を奪われるエルサレムのパレスチナ人住民たち、“分離壁”によって土地と資源を侵蝕され、国家建設の基盤を失っていく人びとの現実とその苦悩を描いていく。

監督:土井敏邦 上演言語:アラビア語上映・日本語字幕
日時:10/8 (日)14:00
会場:東京芸術劇場 アトリエイースト
入場:無料(予約不要)

<F/T14主催プログラム・記録映像>
『羅生門|藪の中』
ジョージ・イブラヒム(アルカサバ・シアター)(アーティスティック・ディレクター)[パレスチナ]× 坂田ゆかり(演出)× 目(美術)× 長島 確(ドラマトゥルク)

『パレスチナ、イヤーゼロ』の主演をつとめるジョージ・イブライム(アルカサバ・シアター/ディレクター)が、F/T14にて演出家・坂田ゆかりとタッグを組み、さらにドラマトゥルク・長島確、舞台美術に現代芸術活動チーム「目」も参加して創作し公演した『羅生門|藪の中』を上映する。 芥川龍之介の『羅生門』『藪の中』と、黒澤明による映画版をもとに書かれた戯曲『Rashomon』(アラビア語版)を題材にした本作は、占領下に暮らすパレスチナ俳優を起用することによって、ひとつの出来事を複数の視点から描かれた、その「真実」や「正義」の曖昧さを暴いた原作の核をさらに浮き彫りにしていく。



日時:10/9 (月・祝)15:30
会場:東京芸術劇場 アトリエイースト
入場:無料(予約不要)

詳細はこちら

関連記事

キャスト/スタッフ

 
作・演出イナト・ヴァイツマン
キャストジョージ・イブラヒム、ガッサーン・アシュカル、アムジャド・バドル、レベッカ・タルハミー
テキスト監修エヤル・ヴァイツマン
翻訳(ヘブライ語・アラビア語)アブドゥッラフマーン・ナートゥール
舞台監督タマーラ・ハバシュ
照明オペレーターアミール・カストロ
ドラマトゥルク アヴネル・ベン=アモス
照明デザインイヤース・ナートゥール
音楽スレイマン・ファラジュ
美術・衣裳デザインサリーム・シハーデ
字幕オペレーターハンナ・ハバシュ
プロデューサーナアナア・トゥラーウブ
 
<東京公演>
技術監督寅川英司
技術監督助手河野千鶴
舞台監督小川浩平
演出部福澤汐莉
美術コーディネート中村友美
小道具小山内ひかり
照明コーディネート木下尚己(株式会社ファクター)
音響コーディネート相川 晶(有限会社サウンドウィーズ)
字幕横尾優美子
翻訳・テクニカル通訳渡辺真帆
宣伝美術阿部太一(GOKIGEN)
  
記録写真青木 司
記録映像株式会社彩高堂「西池袋映像」
  
制作十万亜紀子(フェスティバル/トーキョー)
制作助手・フロント運営菅井新菜
インターン梅村真由、栄 卓然、西 菜津子、西本彩乃、堀越琴乃
  
プログラム・コーディネート渡辺真帆
  
主催フェスティバル/トーキョー

関連ニュース